ニューカレドニアの旅行について聞いてみたいことがある場合はコチラからお問い合わせください。何分マイペースで作っているページなのでこれからニューカレドニアに行かれる方にとっては足りない情報もあろうかと思います。

 

ココティエ広場で無料のWi-Fiを掴める!

海外に行く際は日本国内でレンタルのポケットWi-Fiのルーターをレンタルしてから出国することが多いので、今回もそのパターンをやっておこうかと思っていました。

しかし、ニューカレドニアで使えるそんなwifiレンタルサービスが見つからない。笑

残念ながら2016年3月現在でも日本でちょっと当たり前だったりするポケットwifiみたいなルーターの持ち歩きはニューカレドニアでは一般的ではないようです。というか、のんびり時間を過ごすという意味で考えるとネット環境は実際必要ないのかもしれませんが。。。ゆったりした時間を過ごせるのでそれはそれでいいですよ。笑
(一応、下の方に現地プリペイドsimの入手と使用方法について追記しました。)
そしてついに!2017年7月現在、持ち歩きできるモバイルルーターがニューカレドニアで使えるようになっていました!
成田やセントレア、関空で出発前の当日に受け取りできます。
詳細はこちら【NEW】ニューカレドニアで使えるレンタルのモバイルルーターが登場したよ!(2017年7月更新)

ホテルではLANを引いてあるところが多いようなのでネットが使えるところが多いです。 とりあえず我々がヌメアで宿泊したラマダプラザホテルでは部屋で使えました。ちなみに、イルデパン島ではウレテラに宿泊しましたが、ウレテラではチェックインするカウンター付近だけではWiFiを拾えるそうです。帰ってきてから知りました。笑

 

【最安】イルデパン島 日帰りツアー icon

 

外でwifi使えるところがあまり見当たらないのですが、カフェで使えるところはちょこちょこあるかな。そういうお店はお店のところにwifiがあるよ〜という感じで表示があったりします。会計を済ませるとパスワードを教えてくれたりするのでwifiを使えるところを探してカフェでお茶をしたりするのもいいかと思います。

また、ヌメアの中心街周辺のココティエ広場にはfree wifiという看板が目につく。ココティエ広場はセントジョセフ大聖堂やFOLの丘の下あたりに位置する広場になります。

ん?wifi使えるの?ということで早速試すと少々めんどくさい登録が必要なんですけど、使える。

外でwifiを使えるところはココだけな感じだったから、日陰で休憩しつつWi-Fi拾ってみたらいかがでしょう?^^

 

 

ココティエ広場での無料Wi-Fiを使うための登録方法

ブラウザを立ち上げると必然的に繋がるページがあるので、そこに名前と住所を登録すると。。。

メールを立ち上げると何故か登録のメールだけはチェックできる。

(と思ったら好きにネットを使えるようになっていました^^)

久々に外界と接触した気分。笑

 

Ad

 

【参考】
ココティエ広場での無料Wi-Fiを使うための登録方法を細かく載せているHPを紹介します。

http://www.lbb-nc.com/news/1852/
ココティエ広場 無料WIFI ~登録方法〜

 

http://www.lbb-nc.com/news/1837/
ココティエ広場 無料WIFI ~続編〜

 

ニューカレドニアで使えるプリペイトsimをゲットするという手も

日本でも格安simがずいぶん流行ってきているので自分でスマホのsimを交換したりしたことがある人が結構いるかもしれません。

タイトルの通り、ニューカレドニアで使えるプリペイドsimをゲットして、ニューカレドニアでのポケットwifiルーターの代わりとなる通信手段を手に入れる方法をこちらに軽くまとめておきますね。

ニューカレドニア国内の通信や郵便事業など手広く独占的にやっているOPTという会社があるのですが、そのOPTのオフィス(郵便局)でプリペイドsimが手に入ります。とりあえず、ヌメア周辺ののOPT郵便局(オフィス)をメインとした地図になるようにリンクさせています。

中心街にあたるマルシェ近くのmail post officeが観光ついでに行けて無難に良さそうではありますかね。
カウンターで「I want to get a prepaid SIM.」とでも言えばとりあえず通じそうですし、その旨伝えれば向こうも慣れてるので対応してくれる様子。

入手の際にはニューカレドニアでの滞在先とパスポートを確認される模様。相手との会話と待ち時間で30分前後見ておくといいようです。 価格は6195XPFで、3000XPF分の通信が可能。デポジット分が切れたら追加することができるようです(90日有効)。 それ以上は必要ないかとは思いますが、1000,3000,5000XPF単位で追加デポジットが可能。

プランは4つあるようです。
100XPF 有効期限1時間/速度1Mbps、通信量が10MBを越えると256kbpsに速度制限(1110)
210XPF 有効期限24時間/2Mbps。20MBにて終了(1120)
420XPF 有効期限24時間/2Mbps、20MBを越えると256kbpsに速度制限(1111)
2100CPF 有効期限4時間/4Mbps、20MBを越えると256kbpsに速度制限(1179)
使用開始時に( )内の数字宛に件名なし、本文IMDと入れてSMSを送信すると返信が来るので確認。

最後に自分でAPN設定を行うと利用可能だそうで。
APN: 3g
USER: なし
PASS: なし
【参考】
手動でのAPN設定方法
ニューカレドニアのプリペイドsim情報(英語版)

その他細かい設定などは実際にニューカレドニアでプリペイドsimを利用された方の内容、こちらを参照ください、リンク先はsimフリーのiphoneユーザーさんのようです。simフリーじゃないと使えないですよ。

ちなみに、simフリーiphoneを使っているわけでなければ国内のiphoneには標準ではsimロックがかかってしまっているのでニューカレドニアでは使えませんが、ipad(mini含む)とかのセルラー版は何気に標準からsimフリーだったりしますよ。これにプリペイドsimを挿すのも手かと。

以上、応用編のニューカレドニアでの通信手段の確保方法でした〜^^


 

関連記事

  • 旅行体験記 6日目

  • FOLの丘(行き方なども、地図の読めない人は特に必読?)

  • セントジョセフ大聖堂

  •