ニューカレドニアの旅行について聞いてみたいことがある場合はコチラからお問い合わせください。何分マイペースで作っているページなのでこれからニューカレドニアに行かれる方にとっては足りない情報もあろうかと思います。

 

せっかくだからアクティビティ
(ノンカウイ、ピローグ、島内観光ツアーなど)

旅を満喫できるよう、大自然を楽しむための様々なアクティビティが用意されています。

せっかく行ったイルデパン島、これを利用しない手はありません。

基本的に、島内の移動は自転車だけではしにくく、どうしても車などの移動が必要になってしまいます。

イルデパン島から行ける更なる離島なんてもっての他ですしね。。。

ボートに乗らせていただくしかありませ〜んf^^

とりあえず言えることはですね、どのアクティビティもハズレはないと思っていいと思います。

我々が行ったアクティビティは以下の中ではノンカウイ島へのツアー、ピッシンヌナチュレル(イルデパン島で有名な天然プール)の2つですが、どちらも筆舌に尽くし難い良さがありました!

我々が行ったアクティビティの1つ、ノンカウイ島へのアクティビティを例に取って少し書き残しておこうと思います。

 

まず、我々はウレテラホテルに宿泊したのですが、ウレテラホテルに滞在中にアクティビティを申し込みました。

このアクティビティに限らず様々なアクティビティはメリディアン、ウレテラ、クブニー、全ての主要ホテルが独自のツアーとしてそれぞれのホテルが主催しています。

あと、宿泊前提での話をしてしまいましたが、イルデパン島の日帰りツアー iconでもイルデパン島を楽しめますよ^^

 

日帰りのイルデパン島ツアー icon

まず、最初にイルデパン島に宿泊は日程的に少し難しい方向けのイルデパン島の日帰りツアー iconがあります。

イルデパン島の海を満喫しつつ、島の目玉の1つである天然プールと呼ばれるピッシンヌナチュレルへ行けたりします。

日曜日のニューカレドニアはどこもお店が閉まっているので、そういう日に日帰りツアーを組み込むのもいいかもしれません。  

イルデパン島日帰りツアー概要
icon
 7:00 ヌメア内の滞在ホテルにお迎え
08:20 国内線でイルデパン島へ移動 (30分)
08:50 イルデパン島到着
09:10 クブニーホテル到着後、自由行動
    最も美しいと呼ばれるクトビーチでの自由行動。
12:00 ホテル・クブニーにてランチ
13:00 オロ湾(ピッシンヌナチュレル)へ出発 ※ガイドの同行なし
15:00 オロ湾停留所出発 (出発時間までに停留所へ戻る)
15:30 クブニーホテル レストランにてティータイム (80分、シャワーも利用可)
17:50 イルデパン島の空港へ (30分)
18:50 国内線にてヌメアへ
19:20 ヌメア到着後、ヌメア滞在先ホテルまで送迎
20:00 ホテル到着
【最安】イルデパン島 日帰りツアー icon

 

Ad

 

ノンカウイ島へ行くアクティビティ

 

ニューカレドニアの旅行予約を旅行代理店で予約する際、オプショナルツアーとしてサウスパシフィックツアーズ(SPT)主催のように見えるノンカウイ島ツアーを予約できました。

しかし、これが高い。

例えば。。。

メリディアン宿泊者 → 28,000円
ウレテラ、クブニー宿泊者 → 25,000円

我々はホテルでの直接予約をしましたが、10,500CFP(13,000円くらい)でした。

※為替の状況によって変化すると思いますので、参考値として考えてくださいね。

何故かと言えば、旅行代理店、SPTの両方を通すのでどうしても二重でマージン取られるんじゃないでしょうか。

ボリ過ぎな気がしましたわ。f^^

 

それはさておき、ノンカウイ島、行った方がいいです!ココだけはケチってはならない!

というくらい、超オススメなアクティビティです。笑

ここから下の内容はイルデパン島宿泊者向けの内容で、先にも記述していますが、ウレテラリゾートホテル主催のアクティビティになります。その他のホテル主催のアクティビティもあるのでご安心を^^

 

ノンカウイ島へ行くアクティビティに関する細かい様子などは体験記に譲ることにして、このページでは詳細だけお伝えしたいと思います。

 

ノンカウイ島へ行くアクティビティには2つあります。

半日版と1日版です。

基本的に、旅行会社のものは1日版で、1番高いコースで設定されている気がしますねぇ。実際ボートでかなり移動している感はありましたので。。。

 

 

 

ノンカウイ島へ行くアクティビティ 〜1日版〜

 

まずは、ウレテラホテルのノンカウイ島に行くアクティビティ、1日版の方を紹介しておきます。

お値段はウレテラホテルだと1人につき10,500CFPか12,000CFPです。

バーベキューランチの内容でお値段が変わります。

お魚または鶏肉のバーベキューランチだと10,500CFP。

ロブスターのバーベキューランチだと12,000CFPとのこと。

(参考 12歳までの子供は半額、赤ちゃんはどちらでも2000CFP)

 

ちなみに、行程はだいたいこんな感じでしょうか。

 

 9:00 ホテルノカンウィ島へ向け出発
10:00  ノカンウイ島到着後、自由行動
        30分ちょっとの自由時間
11:00  無人島(ブラシ島)到着
     シュノーケリングして遊ぶ。
12:30  バーベキューランチ
     ひたすら休憩したりシュノーケリングしたり。
16:00  イルデパン島に到着

 

ウレテラホテルのノンカウイ島へのアクティビティはこうでしたが、 恐らくクブニーの内容もお値段もほぼ同じってところだと思います。

移動する距離に寄ると思いますが、メリディアンは少し移動も増えたりする場合や、最高級ホテルに分類されるようなので少し割高なのでしょう。

 

 

バーベキューランチ、我々はチキンと魚をお願いしました。

詳細は体験記でご覧ください。

バーベキューランチ、ステキでした。

 

 

ノンカウイ島へ行くアクティビティ 〜半日版〜

 

こちらはランチを取らずそのまま帰ってくるアクティビティになります。

お値段は1人8,000CFP

(参考 12歳までの子供は半額、赤ちゃんは2,000CFP)

 

行程

 9:00 ホテルノカンウィ島へ向け出発
10:00  ノカンウイ島到着後、自由行動
        30分ちょっとの自由時間
11:00  無人島(ブラシ島)到着
     シュノーケリングして遊ぶ。
12:30   ホテルに到着

 

 

 

イルデパン島内ツアー

半日のアクティビティです。

10時にホテルのフロント前からシャトルバスに乗って出発し、島内探検に行きます。

バオ村、教会、セント・モーリスの記念碑、※1 女王オルタンスの洞窟、※2 コルベール湾、※3 ワメオ湾に行き、12時半くらいにホテルに戻るツアーになります。

 

※1 オルタンスの洞窟はドラマティックな石灰石の層を成し、優美なシダに覆われた美しい入口がございます。 伝説によれば、ここはクニエの女王が1883年に王位継承を放棄するまで隠れていた場所であったと言われています。
※2 参照:コルベール湾
※3 参照:ワメオ湾

お値段 3,000CFP 12歳までの子供は半額
(洞窟に入るのに別途250CFP/人 必要になります)

周り方はこんな感じです。

イルデパン島 島内ツアーの周り方

 

 

ピッシンヌナチュレルへ行く

オロ湾には天然プールであるピッシンヌナチュレルがあります。

ピッシンヌナチュレルに行く方法は2つあります。

オロ湾への車での送迎(2,500CFP)、またはピローグツアー(4,800CFP)を利用する方法のどちらかです。

 

ちなみに、「シェ・レジス」というブーニャ料理のお店がいろいろなサイトなどで超オススメされています。

ついでに行ってみるのもありかもしれません。

完全予約制なので、ホテルのフロントで予約をお願いすると良いと思います。

調理に手間と時間がかかるものなので、突然行ってもブーニャ料理は用意できないようですよ。

http://4travel.jp/overseas/area/oceania_micronesia/new_caledonia/ile_des_pins/restaurant/10416033/
イルデパン島 有名ブーニャ料理店
chez regis

 

「オロ湾への車での送迎」を利用する方法

 

10時にホテルのフロントから車での送迎となります。

(シュノーケリングセットは忘れないようにね♡)

15時半にオロ側からウレテラホテルまで帰るようになっています。

予約時に何も言わないとお昼はないとのことなので、もし必要があれば言っておくといいでしょう。あとは、我々みたいに朝ごはんのパンとかを少し頂いてしまってサンドイッチを作るってのも悪くはなかったですよ。笑

体験記を見ていただければわかるのですが、ピッシンヌナチュレルに行く時には別途入場料みたいな現金が少し必要になります。念のため肌身離さず貴重品を持っていたい人にはスマホの防水ケースが便利でしたよ♪
現金も入れられますし、ピッシンヌナチュレルを泳ぎながら水中撮影も可能になります^^

 

こちらは実際に私たちが行ってきたツアーで、その時の様子はコチラから見れます。

 

昼食には上記のブーニャ料理もいいかも?^^

費用:2,500CFP  (12歳より下は半額)

イルデパン島 ピッシンヌなチュレルへ行く方法①

 

 

「ピローグツアー」を利用する方法

 

7:45にホテルのフロントから車で出発し、セントジョセフ湾へ。

ピローグに乗り、ユピ湾を1時間半かけて移動。

熱帯林の中の小道を歩いて進むとオロ湾に着きます。

そこには有名な天然プール(ピッシンヌナチュレル)があります。

帰りは15時半にChez Regisの駐車場から車でホテルまで送迎。

予約時に何も言わないとお昼はないので、もし必要があれば言っておくといいでしょう。

費用:4,800CFP  (12歳より下は半額)

周り方はこんな感じです↓↓

イルデパン島 ピローグツアー

 

 

ピローグに乗るだけの半日コース

上記の1日ピローグツアーの半日版です。

7:45にホテルのフロントから車で出発し、セントジョセフ湾へ。

ピローグに乗り、ユピ湾を2時間かけて移動し、同じところに戻る。

車でホテルまで移動し、11時に戻るコースです。

費用:6,000CFP  (12歳より下は半額)

 

 

入り江・島のツアー

 

半日ツアー

 

10時にホテルのビーチから出発します。

ボートでカヌメラ、クト、Rouleaux、Vho、Wadaouなどの湾を周り、クモ島、モロン島、アバンチュール島、ブラシ島、Bayonnaise島などの島を周ります。

ホテルに戻るのは12時半。

費用:7,500CFP (12歳より下は半額、赤ちゃんは2,000CFP)

 

1日ツアー

 

10時にホテルのビーチから出発します。

基本的に半日ツアーと同じ内容で回りますが、ブラシ島でランチを頂きます。

ホテルに戻るのは15時とのこと。

1日ツアーの方がゆっくりできそうな感じでしょうか。

 

メインでお魚またはチキンを食べる場合(前菜、メイン、デザート)
費用:11,000CFP (12歳より下は半額、赤ちゃんは2,000CFP)

メインでロブスターを食べる場合(前菜、メイン、デザート)
費用:12,800CFP (12歳より下は半額、赤ちゃんは2,000CFP)

周り方はこんな感じ↓↓

イルデパン島の入り江と島をとにかくたくさん回るアクティビティ


 

関連記事

  • 【超必読】旅行での必需品をご紹介♫

  • 旅行体験記 7日目

  • 旅行体験記 6日目

  • 旅行体験記 5日目

  • 旅行体験記 4日目

  • 旅行体験記 3日目

  • 旅行体験記 2日目

  • 旅行体験記 1日目

  • 新婚旅行体験記

  • ピッシンヌナチュレルはこんな感じ♪(ある程度の行き方と様子を記録)

  •